株式会社ネットサービス・ソリューションズ

IT運用 -IT Management-

お客様のサーバ、ネットワーク、クライアント、業務アプリケーション等の情報システム環境を円滑に運用することを目指し、業界標準のITIL準拠を推進しています。


    ≫ 運用設計サービス
    ≫ システム運用管理サービス
    ≫ ヘルプデスクサービス
    ≫ システムオペレーションサービス




運用設計サービス

NSSでは、お客様のビジネス方針に則したITサービス(システム運用)における運用業務の定義と標準化を行い、具体的な実運用への移行までをご支援し、包括的な運用設計サービスをご提供しております。

システム構築後の運用フェーズでは、いかにしてクリティカルな事象を早期に発見し、解決・未然防止をするかが運用ポイントの一つでもあります。しかしそれら事象(インシデント)に対する施策を具体的に実行するためには、運用ポリシーや範囲、責任分担、管理方式・方法等がお客様及び運用者の間で共通の認識として定義されていることが必要不可欠です。


取り組み方針
  • お客様の要望や事業計画に則した設計・計画を策定します
  • 高品質・効果的な運用管理プロセスを確立します
  • IT技術を最大限に活用した運用方法を実現します

運用設計イメージ
運用設計 (クリックして拡大)
«期待成果»
  • システムの安定化とサービス継続性の向上
     (オペレーションの定型化と役割の明確化)
  • 運用業務の可視化・見える化
     (ITIL®準拠を基準とした運用管理プロセス)
  • エラーの迅速な対応と未然防止
     (5W1Hを包括した管理方式)
  • 無駄な工数の削減
     (TCO削減の一端を担う成果)

対応可能なご用件

    NSSでは、上記に示しました運用設計項目のサービス提供が可能です。
    また、これらを一括対応するだけではなく、運用面の見直しや改善が必要な事案、新たに検討しなければならない事項等の対応についても個別対応させていただきます。

«ご用件例»
  • 新たなサービスを立ち上げるにあたって、運用ポリシーや
    規定等の取りまとめを行いたい
  • 既存の運用システムに新たなサービスを連動させ、
    新運用を検討したい
  • 運用面での問題が多く、改善(再設計・標準化)を行いたい
  • 現行運用の整理(文書化、ドキュメント化)を行いたい  等
継続的サービス改善

NSSの運用設計サービスでは、お客様への具体的なアセスメント(現状調査)を行い、あらゆる観点で運用ポイントを検証した上で、ITIL®準拠を基本とした運用管理プロセスを確立し、実運用の開始・継続に至るまでをご支援させていただきます。



システム運用管理サービス

サーバやネットワーク、アプリケーション、業務システムなど多種多様化したテクノロジーに、NSSのエンジニアが幅広いスキルをフルに活用して運用管理サービスをご提供致します。

NSSのシステム運用管理サービスではお客様に最大限の満足をいただくため「運用SE業務」を中心としたサービスを展開しております。
構築されたシステムが安定稼働するように監視・管理したり、障害のトラブルシューティングを行うエンジニアだけでは終わりません。システムに対する改善・見直しや障害の未然防止、お客様からのニーズを引き出し改善を提案することも当然業務に含まれ、「運用」に特化した「システムエンジニア」=「運用SE」として従事致します。


≫ 運用SEとは

≫ プロダクト一覧(製品・技術要素)

≫ 運用カテゴリ


運用SEとは

NSSではシステム運用に従事するエンジニアを「運用SE」 と定義しています。この言葉を一言で表すとIT部門様が日々行っている運用業務全般を代行し、100%お任せいただけるエンジニアを指します。

ただ単にお任せいただいた定型作業や決められた業務だけを行うだけの技術者ではありません。それらはオペレーターに分類され運用SEとは言いません。

運用SEとは、例えば日常の変更管理/登録業務、障害調査から復旧、エンドユーザ様のサポート/ITスキルの向上、そのほかITベンダーへ発注するまでもないソフトウェアのバージョンアップ、新システムがカットオーバー(サービスイン)した後の受け入れなどIT部門様が常日頃行われている運用業務をIT部門様に代わって従事致します。


    システム運用サービス 主サービス内容
      - サーバ運用業務
      - ネットワーク運用業務
             :
         さらには
      - インシデント/変更管理
      - 現状分析、報告、改善
      - 障害解析/未然防止


NSSの運用SEはマルチプラットフォーム(OS)や様々なネットワーク機器はもちろんのこと、システムの仮想化やクラウド環境にまで及ぶ運用管理や設計、構築、保守まで行えるエンジニアが活躍しています。

マルチスキルの専門性を生かし、複数の混在するシステムにおいて統合的なノウハウに基づきお客様にサービスをご提供致します。


プロダクト一覧(製品・技術要素)
主要製品や技術要素を経験豊富なメンバーにより運用・管理致します。

●プラットフォーム・ミドルウェア
No. 技術要素 製品
プラットフォーム Microsoft Windows Server 2000~2012
Red Hat Enterprise Linux、CentOS
Solaris、AIX、HP-UX
仮想化技術 VMware、Hyper-V、Virtual Server
IBM LPAR、KVM
Xen (Server/Desktop/Provisioning Server)
データ連携 HULFT、IBM MQ
ディレクトリ
サービス
OpenLDAP、SJSDS、Active Directory
データベース Oracle DB、MS SQL Server、DB2
負荷分散/冗長化 BIG-IP、Oracle RAC
MSフェールオーバークラスタ

●各種インフラ・基盤製品
No. 対象システム 技術要素 製品
インターネット環境 Proxy、DNS
セキュリティ
Squid、DeleGate、IWSS、i-FILTER
Blue Coat、WEBGUARDIAN
メール環境 POP/SMTP
/IMAP、LDAP、セキュリティ
Sendmail、Postfix、SJSMS
MS Exchange、Barracuda、IMSS
VCS、GUARDIANWALL
DNS - Bind、MS DNS
ウイルス
/マルウェア
対策
セキュリティ ウイルスバスターCorp、TMCM
ServerProtect
Symantec Endpoint Protection
FortiGate、WSUS
情報漏えい
対策
LDAP、DB
証明書
CWAT、秘文、LanScope Cat
ESS REC
VPN、リモートアクセス ネットワーク、LDAP、証明書 Juniper SA、SECUREMATRIX
Cisco VPN、F5 FirePass
グループウェア Web、証明書、
DB
Lotus Notes、サイボウズ、desknet's
SharePoint
バックアップ - NetApp、EMC Clarix、IBM DS
日立 AMS/WMS、Sun StoreEdge
Backup Exec、NetBackup
System Recovery、ARCserve
運用管理 スクリプト
ジョブ
JP1シリーズ、Tivoliシリーズ
MRTG、Cacti
クライアント
管理
- QND、QAW、PALLET CONTROL

●運用カテゴリ
No. カテゴリ 業務内容
インシデント管理 ・現象切り分け/影響度確認/現状復帰
問題管理 ・根本原因調査/恒久対策の検討
・報告書作成、報告/ナレッジ化
変更管理 ・製品アップデート情報、セキュリティ情報収集
・各種パッチ適用、ソフトウェア/ファームウェア
  バージョンアップ
構成管理 ・インベントリ管理
  (ソフトウェア/ハードウェア/ライセンスの台帳管理)
性能管理 ・サービスレベルの維持
  機器、サービスリソースの利用度収集
・キャパシティ管理
  性能測定評価、チューニング、増強等
バックアップ管理 ・バックアップ計画/変更/実行
  (データ・システムバックアップ/データ、システムリストア
  /DR,サイクル,ローテーション)
ジョブ管理 ・ジョブスケジュール計画/変更/実行
-
運用改善 ・オペレーションミス対策(防止)、不要ログメッセージの
  監視抑止、スクリプトの作成など
-
運用受入 ・新規システムの運用受け入れ
   運用ドキュメント受入・整備
   運用ルール定義・調整
   システム構成引継ぎ

システム運用障害対応一例

ヘルプデスクサービス

企業のエンドユーザー様をサポートし、PCや周辺機器、Officeアプリケーションや業務システムまでエンドユーザー様とシステムの壁を取り除き、コアサービスに集中できるようご支援するサービスです。

    ヘルプデスクサービス 主サービス内容
      - 企業内ヘルプデスク
      - 顧客向けサポートデスク
      - サポートセンター運営支援
    主な業務内容
      - ソフトウェアサポート業務
      - ハードウェアサポート業務
      - テクニカルサポート業務
      - トータルサポート業務
      - オンサイト対応業務
      - ユーザ教育業務
      - 調査・分析業務

ヘルプデスク(サービスデスク)を通じて集めたお客さまからの声、フィードバックをもとに情報をナレッジとして蓄え、ヘルプデスクメンバーやお客様のIT部門での共有、さらにエンドユーザへFAQとしてご提供致します。
また、発生したインシデントを集約してノウハウとしてデータベース化します。インシデントが障害であれば問題管理として分析し、対策および再発防止策の検討をご提案いたします。

エンドユーザ様のITリテラシを高める活動や、IT利用ポリシーの啓発・啓蒙を行うことで、総合的にITスキルの向上を目指します。
さらにはヘルプデスクのご利用数自体を減らし、業務に集中することで生産性を向上し、ITコストの削減までを図る活動を行います。

大規模なお客様ではヘルプデスク専門の部隊・チームが組まれていることも少なくありません。サポートチーム内のエスカレーション管理、サポートメンバー管理やお問い合わせのフォロー、メンバー教育も併せて取り組みます。



システムオペレーションサービス

「システムオペレーションサービス」では、「システム・オペレーション」、「ジョブ・オペレーション」、「業務・オペレーション」など、お客様システムの日々の定型オペレーション作業をNSSのエンジニアがオンサイト(お客様先常駐)で代行いたします。

サービス項目 主な業務内容
システム
 ・オペレーション
・サーバ/汎用機/ネットワーク等の監視(目視監視、ツール監視)
・サーバ/汎用機/ネットワーク機器等の起動/停止
・システムデータバックアップ
・異常検知時の連絡、一次切り分け支援
・定型パッチの適用
・定型プロセスの起動/停止
・消耗品管理
・その他トラブル(定型)の対応、及び支援
ジョブ
 ・オペレーション
・業務ジョブ実行
・業務ジョブの監視
・業務データバックアップ
業務
 ・オペレーション
・媒体運用
・帳票運用
・デリバリー運用(集配信運用)
その他
 ・オペレーション
・施設入退出管理代行
・空調/電力/その他付帯設備の管理代行
・作業者のエスコート代行
・定型連絡/定型問合せ代行

システム運用障害対応一例 (クリックして拡大)

NSSのオペレーションサービスでは、お客様の運用ルール沿った、確実なオペレーション業務を実現するために「NSS移管プロセス」を適用しオペレーションの引継ぎを行います。
オペレーションの移行完了後には、「安全・安心担保プロセス」と「品質・生産性向上プロセス」の両輪を定常的に回転させることで、お客様の信頼と移管効果を実現致します。