株式会社ネットサービス・ソリューションズ

NSSってどんな会社?

»社内教育                        »社内活動風景

社内プロジェクト活動


NSSではお客様に提供しているサービス・事業以外の様々な社内活動をプロジェクトと言う形で運営しています。企画・発案から始まりプロジェクトの各プロセスをプロジェクトマネージャやリーダ、メンバーとして各社員がそれぞれの役割を持って遂行しています。

ここでは社内のプロジェクト活動についてご紹介いたします。


projectfigure1

社員はプロジェクトに参加することにより自身のスキルを高めたり、普段の業務では経験する機会の少ない現場技術者にはプロジェクトのマネジメントや運営するスキルを身につけます。
一つのプロジェクトを開始から終了まで関わり、プロジェクトマネジメントの基本的な考え方である品質・コスト・納期(QCD)を守り、企画時の目標を達成します。
会社側は社員のプロジェクト参加や達成した成果により各社員の評価につなげています。




1.プロジェクトスタートまで

プロジェクトを発足するのは社員により行われ、企画・発案、その後役職者への提案を経て発足されます。プロジェクトの内容は様々で、社内業務や環境の改善、スキルの向上に関して不満を持ったり、"何とかしたい"といった向上心を持った社員が自発的に立ち上げます。
また、複数メンバーで行うプロジェクトはメンバーの募集やアサインを行い、チームを組織します。

会社側は企画書の内容、プレゼンに対して売上貢献やスキルの向上が見込めたり、生産性アップやコストに見合ったものであると判断した場合に承認し、正式にプロジェクトとして発足します。

プロジェクト開始まで


2.プロジェクト活動

承認されたプロジェクトは企業・組織で行われている一般的なプロジェクト管理と同様に、進捗管理を行い遅延がある場合は後続工程に影響がないようにキャッチアップします。

また、工程の中で発生した課題や問題点はメンバーで共有して解決・対応を行います。プロジェクトマネージャはリーダやメンバーの活動内容を把握・管理し、支援やフォローを行ったり人的資源をコントロールします。また、定例会、進捗報告を行い情報を共有したり、問題の解決を行います。

さらに、全てのプロジェクトはプロジェクト事務局(PMO)により管理され、進捗や問題・遅延等の把握や助言などを行い、プロジェクトが円滑に遂行されるよう支援します。各プロジェクトマネージャから報告された活動内容は事務局によってまとめられ、全社員へ定期的に案内されています。

プロジェクト開始まで


3.プロジェクト終了

終了するプロジェクトは納品として引き渡しが行われます。
また、完了報告を行い、達成内容や進行上の課題、反省点をプロジェクト事務局(PMO)や会社側と共有し、次回の類似プロジェクトが発足された場合に活用されます。

プロジェクト開始まで



【今年度活動内容】

今年度の活動プロジェクトをご紹介いたします。

カテゴリ プロジェクト名
育成関連
ネットワーク中級編<ルーティング(OSPF/EIGRP)講座>
ネットワーク認証実機研修
プロジェクトマネージメント講座 PM事務局向け
プロジェクトマネージメント講座 一般向け (クォータ単位)
プロジェクトマネージメント講座 実稼働顧客向け
ロジカルシンキング講座
ロジカルライティング講座
展示会&フォーラム レポートチーム
定常/非定常運用業務へのリスク認識と改善活動
IT全般統制と内部統制
KY研修 (危険予知)
情報セキュリティ教育
DB教育-基礎研修
常駐エンジニアローテーション研修
CBT(Computer Based Training)推進
資格取得関連
情報処理技術者試験 合格支援講座
MS Windows Server 2008 ActiveDirectory 取得支援講座
LPIC-L1養成講座
ITILファンデーション取得支援講座
社内環境
 整備関連

その他
社外Webサイトメンテナンス
マルシェプロジェクト
VPN環境構築プロジェクト
図書利用促進プロジェクト
ヘルプデスクプロジェクト
フットサルサークル
社内報編集局 (クォータ単位)
テクニカルノート メールマガジン
花見/忘年会/宴会企画ワークグループ